shirukuロード

最新ニュースをお届けいたします。
宜しくお願いします。

    カテゴリ:ギャンブル > 競馬


    重賞初Vの快挙達成から一夜明け、菜七子が喜び語る

    2日に東京の大井競馬場で行われた東京盃を断然の1番人気に支持されたコパノキッキング(せん4歳、栗東・村山明厩舎)とのコンビで快勝し、JRA女性騎手として史上初の交流重賞制覇を達成した藤田菜七子騎手(…
    (出典:競馬(デイリースポーツ))


    藤田 菜七子(ふじた ななこ、1997年8月9日 - )は、日本中央競馬会(JRA)所属の騎手である。 美浦トレーニングセンター・根本康広厩舎所属。ホリプロとマネジメント契約。 JRA生え抜きの女性騎手は16年ぶりである。 競馬とは関係のない家庭で生まれ、藤田
    23キロバイト (3,166 語) - 2019年10月2日 (水) 12:25



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    おめでとうございます\(๑•̀᎑•́)/\(•̀᎑•́๑)/
    素晴らしいですね( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )*.+゚
    これからも応援してます(*´╰╯`๓)♬

    【藤田菜七子騎手、重賞初Vの快挙達成•*¨*•.¸¸♪】の続きを読む


    【新潟5R・2歳新馬】ショコラブリアンが逃げ切る 田辺「最後まで手応えがあった」
    …メートルが49秒7。上がりを33秒5でまとめ、1番人気に支持されたディープインパクト産駒リリーピュアハートの追撃をしのいだ。 「牧場の頃から評価しても…
    (出典:競馬(スポーツ報知))


    種牡馬供用開始年で記載。産駒の産駒(=父の父がディープインパクト)は、その3年後にデビュー。 2019年 サトノダイヤモンド リアルスティール 2018年 サトノアラジン 2017年 ミッキーアイル ダノンシャーク 2016年 キズナ スピルバーグ リアルインパクト 2015年 トーセンラー 2013年 ディープブリランテ
    164キロバイト (20,975 語) - 2019年8月1日 (木) 13:20



    (出典 race.sanspo.com)


    1番人気のディープインパクト産駒リリーピュアハート!!
    今後に期待ですね~ッ(◍•◡•◍)♡♬
    ディープインパクトも天国から応援してるよ✿◔‿◔✿

    【ショコラブリアン逃げ切り~ッ.•*¨*•.¸¸♬】の続きを読む


    令和最初の日本ダービーでなぜ波乱が起きたのか?
    何という結末だろう。26日、東京競馬場で行われた「令和最初」となる第86回日本ダービーは浜中俊騎手(30)が騎乗した単勝93.1倍の伏兵、ロジャーバローズが…
    (出典:競馬(THE PAGE))


    東京優駿 (日本ダービーからのリダイレクト)
    東京優駿(とうきょうゆうしゅん、日本ダービー)は、日本中央競馬会 (JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走 (GI)である。 正賞は内閣総理大臣賞・日本馬主協会連合会会長賞・東京馬主協会賞、朝日新聞社賞 (騎手賞)。 1932年 (昭和7年)にイギリスの「ダービー
    47キロバイト (4,179 語) - 2019年5月26日 (日) 07:47



    (出典 number.ismcdn.jp)


    凄い高配当!!
    本当に大荒れだゎΣ⊙▃⊙川

    【【大荒れ】令和初の日本ダービー!!】の続きを読む


    【速報】ケンタッキーダービー!!


    【ケンタッキーダービー】カントリーハウスが繰り上がりV 1位入線のマキシマムセキュリティ降着/海外競馬レース結果 | 競馬ニュース - netkeiba.com - netkeiba.com
    現地時間4日、アメリカ・チャーチルダウンズ競馬場で行われたケンタッキーダービー(3歳・GI・ダ2000m)は、L.サエス騎手騎乗の1番人気マキシマムセキュリティ(牡3、米・J.
    (出典:netkeiba.com)


    ケンタッキーダービー(Kentucky Derby)はアメリカクラシック三冠の第1冠として、ケンタッキー州ルイビルにあるチャーチルダウンズ競馬場で行われる競馬の競走である。 アメリカ合衆国の競馬における3歳牡馬の最大目標でアメリカの数ある競走としても最高峰のイベントとされ、ブリーダー
    43キロバイト (1,424 語) - 2019年5月4日 (土) 23:31



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    カントリーハウス来た~ッ(*^▽^*)♪

    【【速報】ケンタッキーダービー!!】の続きを読む

    このページのトップヘ